BroadWiMAXにはauユーザーにお得な割引料金が用意されています。

私もauのスマホを利用しているので、どういった割引プランなのか気になっていました。

ただどうやら得する人もいれば損する人もいるようです。

今回はBroadWiMAXのau割引について詳しくお話ししていきたいと思います。

 

BroadWiMAXのau割引とは?

BroadWiMAXのau割引の内容ですが、auのスマホを持っている人限定でBroadWiMAXの申し込み時に、auのスマホ料金がお得になるというプランです。

スマホ料金が毎月最大で1000円になるということで、これだけ聞くととてもお得なプランだと思いますよね。

ただ一部の人は損してしまうことになってしまうんです。これはどういうことなんでしょうか?次で詳しくお話ししていきます。

 

auスマホ割プランがお得になる人とならない人

auスマホ割プランがお得になる人とお得にならない人がいます。

先程スマホ料金が月に最大で1000円割引になるということを話しましたが、この「最大」という単語がキーワードになりまして、実は割引額が少ない場合もあるんです。

この割引額についてはスマホの料金プランによって異なるので確認する必要がありますが、月に500円の割引とかにならないようなプランでしたら、このスマホ割プランはお勧めできません。

ちなみに通常のBroadWiMAXの申し込みをした場合は、スマホ割プランよりも料金が安くなるんです。

「じゃあスマホ割プランの方がお得じゃないの?」

と思うかもしれませんが、スマホ割プランは料金が高い分、スマホの料金割引があるので、トータルではお得になる可能性があるということなんですね。

ただ、スマホ料金の割引額が少ない場合は、このスマホ割プランはお得感がありませんので、その場合は通常のBroadWiMAXの申し込みをした方がいいでしょう。

 

BroadWiMAXのauスマホ割プランのその他の注意点

ちなみにスマホ割プランについては注意点がいくつかあります。

まず一つ目が料金プランを変更できないということです。

スマホ割プランから通常の最安プランに変更することはできません。3年間はそのスマホ割プランで通す必要があります。

またもう一つの注意点がauスマートバリューというものを申し込んでいると、このスマホ割プランは申し込むことができないんです。

このスマホ割プランはauスマートバリューmineというものに申し込むことで適用されるんですが、auスマートバリューというまた別のサービスに申し込んでいる人は申し込むことができません。

ちなみに私はBroadWiMAXではありませんが、別のプロバイダーでauスマートバリューを申し込んでいたために、auスマートバリューmineに申し込めませんでした。

すでにauひかりなどでauスマートバリューを申し込んでいる人は注意して下さいね。

 

まとめ

今回はBroadWiMAXのauスマホ割プランについてお話ししてきました。

auスマホ割プランについては全ての人が得するわけではなく、契約しているスマホの料金プランによってお得度が変わってきます。

自分の料金プランをチェックして、スマホ割プランでいくらスマホ料金が割引になるのかをチェックして、BroadWiMAXを契約するといいでしょう。

ということで今回の記事についてのまとめでした。

■こちらの記事もおすすめ

 

GMOとくとくBBは料金が安いプロバイダーとして人気が高いです。

私自身もGMOとくとくBBを契約中ですが、とにかく節約をしているので、料金が安いことは非常に助かっています。

そんな料金が安いGMOとくとくBBなんですが、悪い口コミというのも中にはあります。

人気プロバイダーということでクチコミ件数が多く、どうしても悪い口コミが目立ってしまうのは仕方がないんですが、そうは言ってもやはり悪い口コミがあるのには理由がありそうです。

その原因はやはりあの悪名高いキャッシュバックキャンペーンなんでしょうか?

実際の口コミを調べてわかった結果を紹介していきたいと思います。

 

GMOとくとくBBの評判が悪いのはなぜ?

GMOとくとくBBの評判が悪いのはやはりキャッシュバックキャンペーンの影響が大きいようです。

実際の口コミを見ても悪い口コミのほとんどはキャッシュバックキャンペーンについての内容でした。

確かにキャッシュバックキャンペーンには問題点が多いです。

  • キャッシュバックの時期が遅い
  • 手続きをする期間が短い
  • キャッシュバック手続き用のメールが探しにくい

私自身キャッシュバックなしの月額割引キャンペーンを利用したんですが、そんな私でもキャッシュバックキャンペーンのこれらの問題点はちょっと引っかかりますね。

このように問題点が多いキャッシュバックキャンペーンなので、実際7割もの人がキャッシュバックを受け取れていないという情報もあるくらいです。

ただ、きちんと手続きをすればキャッシュバックがもらえることは間違いありません。

そうは言っても心配な方もいると思いますので、次に紹介するような月額割引キャンペーンを利用するのもありでしょう。

 

GMOとくとくBBは月額割引キャンペーンもあります

キャッシュバックキャンペーンとは別に月額割引キャンペーンというものも実施しています。

このキャンペーンでは高額のキャッシュバックはもらえませんが、代わりに毎月の月額料金が安くなるキャンペーンです。

私自身もこの月額割引キャンペーンでGMOとくとくBBを申し込みましたが、申し込んですぐに月額料金が安くなるので、面倒な手続きもなくてとても便利ですよ♪

ちなみに後になって知ったんですが、キャッシュバックキャンペーンを利用せずにこの月額割引キャンペーンを利用してしまうと、GMOとくとくBB再契約時にはキャッシュバックキャンペーンを利用できないみたいです。

キャッシュバックキャンペーンを利用したいなら1回目で申し込む必要があります。

残念ながら私の場合はキャッシュバックキャンペーンで契約ができないわけですが、後悔などはしていません。むしろ面倒な手続きが省けたのでありがたかったです。

ただ、キャッシュバックの手続きがどれだけ面倒なのかを実際に試してみたかったなというのはありますけどね。

 

GMOとくとくBBは得の極みキャンペーンもあります

ちなみにGMOとくとくBBには得の極みキャンペーンというキャンペーンもあります。

このキャンペーンは最初の2ヶ月間が800円の料金で利用できるというかなりインパクトの強いキャンペーンです。

ただ、結論を言うと得の極みキャンペーンはお勧めできません。

なぜかと言うと2ヶ月目以降の料金が高いからです。

せっかく最初の料金がお得であっても、それ以降の料金が割高なため、3年間のトータル料金では他のキャンペーンよりも割高になってしまうんです。

もしGMOとくとくBBを契約するならこれまでに紹介したキャンペーンから選んだ方がいいでしょう。

 

GMOとくとくBBは3年契約のみ

ちなみにGMOとくとくBBの契約年数は3年間のみとなっています。

以前は2年契約もできましたし、さらには最新機種も選べたので、真っ先にお勧めしていたWiMAXプロバイダーでした。

ただ、現在は3年契約のみとなっていますので、やはり2年契約を希望の方には真っ先にはお勧めはできません。

もし2年契約をしたいのでしたら、現在はBIGLOBEが2年契約では最安値です。

BIGLOBEの2年契約にはいくつか注意点もありますが、もし料金だけ優先するならおすすめできるプロバイダーですよ。

⇒BIGLOBEについての解説はこちら

 

GMOとくとくBBは即日配送に対応

WiMAX端末はすぐに届いた方がありがたいですよね。GMOとくとくBBでは即日配送にも対応しています。

平日の午後2時半までに申し込み必要はありますが、その時間までに申し込めば即日配送に対応してくれます。

ちなみに通常配送もありますが、こちらは4営業日以内の配送です。

もしすぐにWiMAX端末を受け取りたいなら、翌日配送を選んでみてください。

ちなみにBroadWiMAXでは即日配送よりもさらに最短で端末が受け取れる店舗受け取りサービスというものも実施しています。

受け取れる店舗は東京と大阪の一部の店舗に限られますが、すぐにWiMAXを利用したい方はチェックしてみるといいかもしれないですね。

⇒BroadWiMAXの店舗受け取りについてはこちら

 

GMOとくとくBBについてのまとめ

今回はGMOとくとくBBについて解説してきました。

一部では悪い口コミがあるものの、やはりキャッシュバックキャンペーンについての悪い口コミが多かった印象でした。

このキャッシュバックキャンペーンの口コミを除いてしまえば、実はGMOとくとくBBの悪い口コミはほとんどないんですよね。

キャッシュバックキャンペーンに不安はあるので、もし不要な方は月額割引キャンペーンで申し込むようにしましょう。

そうすればお得な料金で毎月インターネットを楽しめますよ♪

 

BIGLOBEはインターネット通信会社としては大手ですが、WiMAXプロバイダーとしてもサービスを提供しています。

やはり大手が提供するサービスですから、色々とおすすめポイントは多いです。

やはりお得なWiMAXサービスなので評判もそれなりにいいです。

ではどういった部分でBIGLOBEのWiMAXがおすすめなのでしょうか?今回の記事ではおすすめポイントを詳しく解説していきたいと思います。

 

BIGLOBE WiMAXが評判が良い理由はこれ!

そういった部分でBIGLOBEのWiMAXがおすすめなのか?ということでいくつか紹介していきたいと思います。

 

①料金が安い

やはり大手の企業になると料金の割引も大きくなります。

料金が安いプロバイダーといえばGMOとくとくBBなんかがありますが、さすがにここよりは料金は若干高くなってしまいますが、それでもその次ぐらいにBIGLOBEは安いと言えます。

 

②2年契約ができる

次にお勧めしたいのがBIGLOBEでは2年契約ができるということです。

GMOとくとくBBは以前は2年契約ができ、しかも料金が安かったので、真っ先にお勧めしていたプロバイダーでした。

ですが最近になって3年契約しかできなくなってしまったので、今現在料金が最も安い二年契約できるプロバイダはBIGLOBEということになります。

2年契約ができるということで、私自身も契約を検討しているプロバイダーの一つです。

 

③キャンペーンも実施している

BIGLOBEではキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンを実施しています。

キャッシュバックの手続きは面倒ですが、高額なキャッシュバックがもらえるということでお勧めですよ!

ちなみに手続きが面倒だという方のためにも月額割引キャンペーンを実施しています。

私はGMOとくとくBBで月額割引キャンペーンを利用しましたが、面倒な手続きがなかったので非常に助かりました。

 

④口座振替に対応

BIGLOBEは数少ない口座振替に対応したプロバイダーの一つです。

口座振替手数料はかかってしまうものの、BroadWiMAXのように謎の高額初期費用が発生することなどありません。

⇒BroadWiMAXの口座振替についてはこちら

口座振替を検討している方にとってはありがたいですよね。

 

BIGLOBE WiMAXの注意点

ここまでBIGLOBEのおすすめポイントをいくつか紹介してきました。

このようにおすすめポイントを書き出してみて改めておすすめのプロバイダーだなと実感しているところなんですが、その分注意点もあるのでここからは紹介していきます。

 

①2年契約では最新機種が選べない

先ほどBIGLOBEでは2年契約ができると話しましたが、ここで注意したいのが2年契約では最新機種が選べないということです。

選べる機種はWX03という一昔前のモデルなんです。

一昔前のモデルということで当然だから最新機種よりもスペックは劣ります。

そして特に問題なのはハイスピードプラスエリアモードというLTE通信ができないことです。

このLTE通信はWiMAXのエリア外でインターネットをする際に重宝する通信モードです。

万が一地方や山間部、地下鉄などでインターネットを使いたい場合、ハイスピードプラスエリアモードが役立ちます。

ただ、WX03はハイスピードプラスエリアモードに非対応なので、WiMAXのエリア外で使う可能性がある人は十分注意した方が良さそうです。

 

②2年契約では通常プランが選べない

もう一つ注意したいのがこちらも2年契約についてなんですが、2年契約では通常プランが選べなく、選べるのはギガ放題プランだけということです。

もちろんWiMAXを申し込む人のほとんどがギガ放題プランを申し込むので、基本的に問題はないんですが、通常プランで十分だ人にとってはちょっとだけもったいないかもしれません。

私自身も通常プランでGMOとくとくBBを契約しているんですが、これがもしギガ放題プランでしか契約できなかったら、かなり損していることになります。

私自身WiMAXを月に3GBも使わないので、もしギガ放題を契約していたらかなり損してしまいますからね。

BIGLOBEの2年契約ではギガ放題プランが選べないということは十分に注意しましょう!

 

BIGLOBE WiMAXについてのまとめ

BIGLOBEは料金が安く2年契約ができたりなど、色々なメリットがあっておすすめのプロバイダーです。

2年契約では最新機種が選べなかったり、通常プランが選べなかったりなどのデメリットはありますが、とにかく料金がお得なので、これらのデメリットを我慢できるならおすすめできるプロバイダーです。

ということでBIGLOBEの契約も是非検討してみてくださいね。

 

BroadWiMAXでは機種変更キャンペーンというものを実施しています。

ただ正直なところこの機種変更キャンペーンはあまりお勧めができません。

せっかくお得なキャンペーンなのにどうしておすすめできないのでしょうか?

今回は機種変更キャンペーンの詳細を解説しつつ、おすすめできない理由を解説していきます。

 

BroadWiMAXの機種変更キャンペーンとは?

まずそもそも機種変更キャンペーンとはどういったキャンペーンなのでしょうか?

これについては20ヶ月以上BroadWiMAXを利用している方を対象に無料で最新機種に乗り換えられるというものです。

BroadWiMAXの契約期間は三年間ですので、本来それより前に解約するとなれば、解約金がかかります。

ですが途中で機種変更キャンペーンを利用することで、解約金を払うことをなしに最新機種に変えることができるんです。

このように聞くと「どうして機種変更キャンペーンはおすすめじゃないの?」と思うでしょうが、次に説明する理由を聞けば納得すると思います。

 

BroadWiMAXの機種変更キャンペーンがお勧めできない理由

なぜ機種変更キャンペーンがお勧めできないのかと言うと、いくつか理由はあるんですが、一番大きな理由は料金が割高になってしまうからなんです。

BroadWiMAXは契約更新まではお得な料金で使い続けることができるんですが、契約を延長したり今回のような機種変更キャンペーンを利用すると、最初のような割引が適用されなくなってしまうんです。

機種変更キャンペーンを利用するくらいだったら、一度BroadWiMAXを解約してから再契約をした方が実はお得なんですよ。

またもう一つお勧めできない理由としては、契約期間がリセットされてしまうというものがあります。

3年に1回やってくる契約更新月、これが来変更をすることでまたゼロからカウントされてしまうんです。

せっかく契約期間が積み上がって言ったのに、またゼロからやり直しということで、解約が非常にしづらくなってしまいます。

このような理由からBroadWiMAXの機種変更は利用しない方がいいんです。

 

でもBroadWiMAXの機種変更キャンペーンにもメリットはある

ただそうは言っても機種変更キャンペーンに全くメリットがないのかといえばそうでもありません。

例えば機種変更を利用することで最新機種に変えられるわけですから、バッテリーの持ちが悪いのを解消できたり、特に大きいのは端末が壊れてしまった場合などでしょう。

端末が故障してしまったのに契約期間の途中なので他社に乗り換えると解約金がかかってしまいます。

このような場合はネットなどで端末を買うこともできますが、当然ながらその場合は有料になってしまいます。

他社に乗り換えれば違約金が発生する。かといってネットで端末を買えばお金がかかる。

このようなどうしようもない状況で機種変更キャンペーンは大いに役立つということですね!

ただかなり特殊な状況でしか機種変更キャンペーンはお得感がありません。

基本的にはこういった特殊な状況以外の人は契約更新時に解約して、他社と契約するか、あるいはBroadWiMAXと契約した方がいいでしょう。

 

BroadWiMAXから他社に乗り換えるならどこがいい?

ちなみに機種変更キャンペーンを利用せずに他社に乗り換えるとしたらどこが一番おすすめなんでしょうか?

WiMAXプロバイダーには色々なプロバイダーがありますが、料金で選ぶならGMOとくとくBBが一番おすすめです。

GMOとくとくBBにはキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンが用意されています。

とにかく料金が安いので契約を検討してみてはいかがでしょうか?

ちなみにGMOとくとくBBは以前は2年契約ができたんですが、現在は3年契約のみとなっています。

BroadWiMAXを使っている方でしたら同じ3年契約のGMOとくとくBBに乗り換えるのは特に抵抗はないと思います。

ただ「やっぱり2年契約がいいな」というのであれば、例えばBIGLOBEなどを選んでみるといいかもしれませんね。

BIGLOBEもキャッシュバックキャンペーンや月額割引キャンペーンを実施していますので、GMOとくとくBB同様におすすめのプロバイダーですよ。

GMOとくとくBBやBIGLOBEについては別の記事でも解説していますので、よかったらこちらも参考にどうぞ。

⇒GMOとくとくBBの解説記事
⇒BIGLOBEの解説記事

 

BroadWiMAXの支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類があります。※法人契約の場合は請求書払いもあります。

口座振替ができるプロバイダーは実は数が少なく、BroadWiMAX以外ではBIGLOBEやUQWiMAXぐらいしかありません。※@niftyは新規受付を終了。

このように限られたプロバイダーしか口座振替ができないんですが、そんな限られたプロバイダーの中にBroadWiMAXは入っています。

このように聞くとBroadWiMAXはなんだか得したような気分ですよね。

ですがBroadWiMAXで口座振替をする際には注意が必要です!と言いますか、BroadWiMAXでは口座振替はしてはいけないと言っておきましょう!

なぜ口座振替をしてはいけないのか?今回はその理由を詳しく解説していきます。

 

BroadWiMAXで口座振替をしてはいけない理由とは?

なぜBroadWiMAXで口座振替を契約してはいけないのか?その理由は初期費用がかかってしまうからです。

BroadWiMAXでは初期費用として18857円という高額な費用がなぜかかかってしまいます。

他社プロバイダーでは3000円の初期手数料(事務手数料)がかかるのが一般的ですが、BroadWiMAXではこの3000円の他に初期費用として18857円がかかってしまうんです。

ただし、BroadWiMAXでは初期費用無料キャンペーンというものを実施していまして、契約時に以下のルールを守ることで、初期費用が無料になります。

  • ネットから申し込む
  • 支払い方法をクレジットカードにする
  • 有料オプションに加入する

色々な条件がありますが、今回の記事のテーマである口座振替を選択してしまうと、結局は初期費用が無料にならないということなんです!

なのでできることならBroadWiMAXではクレジットカード払いにした方が良さそうです。

 

初期費用を払ってでもBroadWiMAXの口座振替はお得?

ちなみにBroadWiMAXは月額料金が安いので、仮に口座振替にして初期費用を払ったとしても、他社よりお得なんじゃないかな?と思って他社と料金を比較してみたことがあります。

他社というのは最初にも言ったように、BIGLOBEとUQWiMAXのことです。

これらのプロバイダーと3年間の実質料金を比較してみたところ、なんと初期費用を払っているBroadWiMAXが一番お得だったんですね。

なので初期費用を払ったからといってBroadWiMAXがお得にならないということもないみたいです。

ただ、やはり口座振替にしてしまうと1回目の料金支払いの時に高額な料金を請求されてしまいますので、仮に口座振替を設定する場合は十分注意してください。

ちなみにですが最初だけクレジットカードを設定しておいて、後から口座振替に変更することも可能みたいですね。

こうすることで初期費用もちゃんと無料になりますし、途中で口座振替に変更したとしても初期費用無料キャンペーンはそのまま適用となるみたいですよ!

口座振替で支払いをしたい場合は最初だけ我慢してクレジットカードに設定するといいかもしれません。

 

BroadWiMAXで口座振替にするともう一つ損をすることも

ちなみに口座振替を選択するともう一つだけ損してしまうことがあります。それは端末の店舗受け取りできるお店が少なくなってしまうということです。

BroadWiMAXでは契約時に端末の店舗受け取りサービスというものを実施しています。東京や大阪など合計4箇所の店舗で端末を受け取ることができるサービスです。

⇒店舗受け取りについてはこちら

このサービスはクレジットカード払いにすれば4箇所すべてで端末を受け取ることができるんですが、口座振替にしてしまうと何故か2箇所の店舗しか店舗受け取りに対応してくれなくなってしまうんです。

これも初期費用と同じで本当に謎の部分なんですが、こういったルールなのでまあ仕方ないでしょう。

ただ、初期費用が無料にならないことに比べたら大した問題ではないので、こちらの店舗受け取りについてはそこまで気にしないでいいでしょう。

初期費用の方だけ特に注意してBroadWiMAXを契約してみてくださいね。

 

まとめ

今回はBroadWiMAXの口座振替についてお話ししてきました。

口座振替ができるプロバイダーは数少ないんですが、BroadWiMAXはそんな数少ないプロバイダーの中の一つです。

口座振替ができるのは便利なんですが、今回話したように初期費用が有料になってしまう点だけ注意してくださいね。

どうしても口座振替が必要な人なら仕方ないでしょうが、できることならクレジットカード払いにするのがお勧めですよ!

BroadWiMAX契約時にはよく考えて支払い方法を選択しましょう。

 

BroadWiMAX店舗で申し込むことができるでしょうか?

もし店舗で申し込むことができれば、その日のうちにWiMAXを使い始めることができるので、すぐに使い始めたい理由がある方にとってはありがたいですよね。

今回はBroadWiMAXが店舗契約ができるのかを調べてみました!実際の調査結果を是非ご覧になってください。

 

BroadWiMAXは店舗申し込み不可?

先に結論を言いますと、BroadWiMAXは店舗契約はできません。残念ながらネット専用プロバイダーということで、店舗を構えていないみたいですね。

もし店舗で契約がどうしてもしたいというのでしたんだ、ヤマダ電機やヨドバシなどの店舗で契約するしかないでしょう。

 

BroadWiMAXは店舗申し込みができないこそのメリットも

ちなみにBroadWiMAXは店舗申し込みができませんが、だからといって落ち込む必要はありません。むしろ店舗での申し込みができないからこそのメリットもあるんですよ!

例えば一つ目としては料金が安いということですね。

やはり店舗で申し込みができるというお店は、当然ながらその土地代もかかっているでしょうし、スタッフの人件費などもかかっているはずです。

そうなると何が起こるのか?当然ながらそれらの費用を月額料金に上乗せしないと儲からないわけです。

ネットのプロバイダーと比較すればすぐ分かると思います。店舗を構えているWiMAXプロバイダーはネットのプロバイダーに比べて割高なはずですよ!

BroadWiMAXは店舗を構えていないため、その分を月額料金の割引に当てることができるんですね。

 

BroadWiMAXは店舗受け取りができる

ちなみにBroadWiMAXは店舗での申し込みはできないものの、ネットで申し込んだ後に店舗で端末を受け取ることならできます。

この店舗受け取りサービスは東京や大阪などの一部のエリアでしか扱っていないサービスですが、もしそれらのエリアに住んでいるなら利用してみる価値はあるでしょう!

店舗受け取りができるので、その日のうちにWiMAXを使い始めることができます。

これだったら店舗で申し込むWiMAXプロバイダーと何ら変わりないですよね。

ちなみに店舗受け取りができないエリアでも、BroadWiMAXなら早ければ次の日には端末が届くようになっています。

店舗契約ができないもののこのようにとにかく利用開始までの期間が短いのがBroadWiMAXのウリと言えます。

⇒BroadWiMAXの店舗受け取りについてはこちら

 

まとめ

今回はBroadWiMAXの店舗申し込みについて話してきました。

残念ながらBroadWiMAXでは店舗での申し込みができないものの、次のようなサービスを展開していることを話しました。

  • 店舗受け取り
  • 最短で次の日には届く端末発送

このようなサービスを展開しているので、決して店舗申し込みができないからとがっかりしないでくださいね。

それに店舗で申し込みができないからこそ毎月の料金がお得になるんですよ!

店舗申し込みができないことはむしろメリットということなので、ぜひそのメリットをありがたく受け取ってくださいね。

 

BroadWiMAXは店舗での端末受け取りも実施しています。すぐにWiMAXを使い始めたい人にとってはありがたいサービスですよね。

この店舗受け取りサービスはどういったサービスなんでしょうか?今回の記事で詳しく解説していきたいと思います。

 

BroadWiMAXの店舗受け取りサービスとは?

BroadWiMAXの店舗受け取りサービスとは、申し込んで最短でその日のうちにWiMAX端末を受け取ることができるサービスです。

おそらくまだ実験的なサービスなので、受け取れる店舗が限られているのでしょう。店舗受け取りができるのは以下の四つのエリアとなっています。

  • 渋谷センター
  • 秋葉原センター
  • 大宮センター
  • 梅田センター

ただそうは言っても人口が集中しているエリアを中心に店舗受け取りができますので、このサービスを利用できる人は意外と多いのではないでしょうか?

店舗受け取りをすると言っても特に追加料金などかかわらず、その日のうちにWiMAXを利用できるのが嬉しいですよね。

 

BroadWiMAXで店舗受け取りをする際には注意点も

ちなみにこの店舗受取サービスにはいくつか注意点があります。こちらです。

  • 口座振替を選択した場合は、受け取れる店舗が渋谷センターと秋葉原センターのみになる。

このような注意点がありますので、BroadWiMAXを申し込む際にはクレジットカード払いに設定をするのが望ましいです。

それにクレジットカード払いにしないと高額な初期費用がかかってしまうんですよ!

BroadWiMAXではクレジットカードと口座振替の2種類の支払い方法を選択できますが、このうち口座振替を選択すると初期費用として18857円を支払うことになります。

この初期費用はBroadWiMAXのキャンペーンで無料になるんですが、そのキャンペーンは以下の条件を満たさないことには初期費用が無料になりません。

  • ネットからの申し込み
  • 支払い方法クレジットカードにする
  • 安心サポートとMyBroadサポートの二つの有料オプションに加入する

クレジットカードという条件がありますので、つまりは口座振替にすると初期費用がかかってしまうということですね。

店舗受け取りができる店舗が少なくなってしまうというデメリット以上に、この初期費用がかかるというデメリットの方が大きいかもしれません。

なので特に理由がなければ支払い方法は口座振替にするのがおすすめです。

 

BroadWiMAXは店舗受け取りにしなくてもすぐに端末が届く

ちなみにBroadWiMAXはわざわざ店舗受け取りにしなくても直ぐにWiMAX端末が届きます。早ければ申し込みの翌日には端末が届いてしまうんですよ!

なので東京や大阪以外のの店舗がないような地域でも、比較的早く端末が届きますので、焦ることなくのんびりと端末が届くのを待ってみてくださいね♪

ちなみに初月の料金は端末発送日から日割り計算されます。

なので他社のように端末が到着するまで遅いと、端末が到着するまでの期間の利用料金がもったいないものですが、BroadWiMAXは端末発送の次の日には早ければ端末が届くので、利用料金の無駄も極力カットすることができますよ!

 

まとめ

今回はBroadWiMAXの店舗受け取りについてお話ししてきました。

店舗受け取りできるエリアは限られてしまいますが、もし該当するエリアに住んでいるようでしたら、この便利なサービスを利用してみてはいかがでしょうか?

その日のうちにWiMAX端末が使えるということで、これなら家電量販店と同じようなメリットがありますよね。

是非該当エリアの方はこのお得な店舗受け取りサービスの利用を検討してみてください。

ちなみにより詳しい店舗受け取りの解説はこちらでも解説していますので、よかったらこちらの記事も参考にどうぞ。

⇒店舗受け取りについて詳しく見る